設計に関するご質問

Q. CFRPの比重はいくつですか。

  • 答えを表示
  • 目安は1.7としています。実際には、使用する炭素繊維および樹脂の種類やその含有率によって異なり、1.5~1.8程度になります。

Q. CFRPの密度はいくつですか。

  • 答えを表示
  • 比重と同様に、目安として1.7g/cm3としています。実際には、使用する炭素繊維および樹脂の種類やその含有率によって異なり、1.5~1.8 g/cm3程度になります。

Q. CFRPの引張強度はいくつですか。

  • 答えを表示
  • 使用する炭素繊維の種類や、その繊維をどの方向へどのくらいの量を配置するかで大きく変わります。目安として、高強度タイプの炭素繊維を使用した場合は約600~2500MPaです(炭素繊維の体積含有率Vf=60%とします)。

    多方向へ繊維強化すると、擬似的な等方性材料となりますが、その分一方向に発現する強度は低くなります。反対に、一方向へ繊維強化すると極めて高い強度は得られますが、強化した方向以外の引張強度は低く、設計時に注意が必要です。

Q. CFRPの引張ヤング率はいくつですか。

  • 答えを表示
  • 強度の考え方と同様で、使用する炭素繊維の種類や、その繊維をどの方向へどのくらいの量を配置するかで大きく変わります。
    目安として、高強度タイプの炭素繊維を使用した場合は55~130GPa、高弾性率タイプを使用した場合は250GPa以上も可能です(炭素繊維の体積含有率Vf=60%とします)。

Q. CFRPの熱膨張係数はいくつですか。

  • 答えを表示
  • 目安は3ppmとしています。材料設計次第で、0ppmも達成可能です。

Q. CFRPの熱伝導率はいくつですか。

  • 答えを表示
  • 材料設計次第で、2~300 W・m/℃となります。

材料設計とは何ですか。

  • 答えを表示
  • 材料設計はCFRP特有の作業で、炭素繊維の種類や樹脂の種類を選び、製品のどの方向にどれくらいの量の炭素繊維を配置するかを決めます。これにより、仕様に合わせた素材の物性を作ることが出来ます。

成形・加工に関するご質問

Q. ACMではオートクレーブによる成形は行っていますか。

  • 答えを表示
  • いいえ、ACMではオーブンによる成形を行っています。プリプレグと真空バッグを使うところはオートクレーブと同じです。

Q. オーブン成形とオートクレーブ成形の違いは何ですか。

  • 答えを表示
  • 成形品に加えられる圧力が異なります。オーブン成形では1気圧、オートクレーブでは4~5気圧程度の圧力をかけることが出来ます。

Q. オーブン成形による製品は、オートクレーブ成形によるものに比べて品質は劣りますか。

  • 答えを表示
  • いいえ、適切な温度と圧力管理を行えば、オートクレーブ成形品と同等の品質の製品が出来上がります。

Q. CFRPとCFRTPの違いは何ですか。

  • 答えを表示
  • 熱硬化性樹脂を使用しているか、熱可塑性樹脂を使用しているかの違いです。   
    CFRP: Carbon Fiber Reinforced Plastics (炭素繊維強化プラスチック)   
    CFRTP: Carbon Fiber Reinforced Thermoplastics (炭素繊維強化熱可塑性プラスチック)
    CFRPは硬化後に熱を加えても再成形出来ません。CFRTPは硬化後に熱を加えると柔らかくなり、再成形も可能です。

Q. CFRPにタップ加工は可能ですか。

  • 答えを表示
  • はい、可能です。ヘリサート加工も対応いたします。

Q. h7公差は加工可能ですか。

  • 答えを表示
  • はい、可能です。

Q. CFRPの加工精度を教えて下さい。

  • 答えを表示
  • 形状にもよりますが、マシニングの場合は±0.05程度です。

Q. CFRPを研磨することは可能ですか。

  • 答えを表示
  • はい、円筒研磨や平研磨を行うことが可能です。

Q. CFRPは接着可能ですか。

  • 答えを表示
  • はい、可能です。構造用エポキシ接着剤を使用して接着することが多いです。十分な接着面積をとり、かつ適切な表面処理を行うことで、必要な接着強度が得られます。ご要求に応じて、ボルト留め等の機械的接合を併用します。

その他

Q. CFRPで部品を作りたいのですが、どのようにして問い合わせればよいですか。

  • 答えを表示
  • まずはお電話・FAXまたはお問い合わせフォームにてお気軽にご相談下さい。その際、具体的な形状(ポンチ絵や図面があるとより好ましいです)や製作数量が決まっていればお聞かせ下さい。

Q. 製作数量は1個からでもお願い出来ますか。

  • 答えを表示
  • はい、可能です。お気軽にお問い合わせ下さい。

Q. 工場を見学することは可能ですか。

Q. 材料に記載されている1K、3K、6K、・・・とは何ですか。

  • 答えを表示
  • 繊維束のフィラメント(単繊維)数を意味しています。Kは1000を表しており、1Kは1000本、3Kは3000本、6Kは6000本の繊維束のことです。3K平織といえば、3000本の繊維束を使って織られた材料ということになります。

Q. Vfとは何ですか。

  • 答えを表示
  • 繊維の体積含有率のことです。各炭素繊維メーカーのコンポジットデータ(CFRPとしての物性データ)では、通常Vf=60%に換算して掲載されています。