珍しい料理を探して、長野県佐久市に行ってきました。

古くから鯉が食べられてきており、佐久市内に数店鯉料理を出しているお店がありました。

今回は三河屋さんで、甘煮、鯉のあらい定食を頼みました。

 

鯉のあらいは刺身の様ですが、温水につけて、身を締めているそうです。新鮮な良い色です。

コリッとした食感で、わさび醤油か酢味噌で頂きます。独特な臭み等は無く、美味しかったです。酢味噌の方が合う感じです。

甘煮は鯉を輪切りにし、甘辛く煮たもので、中央に卵が入っていました。

卵はタラコに比べると少し硬い印象でした。

先端が鋭く、しっかりした骨が入っています。食べる時は注意が必要です。

身が柔らかく、味が染みてて、お米が進みます。

タレをご飯にかけても、美味しい。

 

CFRP製品にご興味・ご関心のある方、ぜひ一度弊社へお問い合わせ下さい。

     炭素繊維強化プラスチックを材料設計から一貫した製品作り

           「CFRP 加工」のエーシーエム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA