先日(2022年9月23日秋分の日)、富山県射水市の放生津八幡宮に算額奉納を行いました。

「算額」とは数学の問題や解き方を記したものです。

放生津八幡宮は、奈良時代万葉集歌人「大伴家持」由来の由緒ある神社で、

建築物へCFRP(炭素繊維強化プラスチック)の適用を研究されております東京理科大学高橋教授(工学博士)から依頼を受け、弊社が製作を任される事となりました。

 

単に算額を製作するだけでは無く、試験片を添付した額に仕上げ、

千年、五千年、その先、千代に八千代に、

未来の技術者が経年劣化確認試験を行うことが出来る様、託しました。

富山に訪問の折には、ぜひお立ち寄りいただき、見学されてみて下さい。

CFRP製品にご興味・ご関心のある方、ぜひ一度弊社へお問い合わせ下さい。

     炭素繊維強化プラスチックを材料設計から一貫した製品作り

           「CFRP 加工」のエーシーエム

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA