先週、1日休暇を頂いて、藤沢男声合唱団ゴルフ同好会コンペに参加しました。
結果11名中、BB賞を頂いてしまいました。

「練習の時はラウンドのつもりで」 「本番ラウンドでは練習場のつもり」
なんて言って回ってましたが、ダフルは、トップするはで、ガタガタのゴルフでしたが
天気は最高、同伴者から優勝者が出たので、とても楽しいラウンドでした。

練習場では20cmも手前の「ダフリ」や、ボールの頭を引っ掛けるというひどいトップ(トップとは言えないかも)は100発打っても無いことが、コース本番では起きることを証明してしまいました。

「素振り」の精度も悪かったのかもしれませんが、「本振り」は「素振り」の何倍も力んでしまうことを実感しました。それにラウンド中は気付かず、墓穴を掘り続けてしまったようです。

ゴルフ始めて55年経ちますが、
人生、いくつになっても反省・勉強の繰り返しですなあ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA