11月6、7、13、14日と4回のステージが終わりました。藤沢市民オペラにとって、初めての”ベリズモオペラ”(リアリズム歌劇)だそうで、我々合唱もストーリーを構成する大事な役割が常に与えられたため、歌唱+本格的演技を要求された。プロのソリストとの舞台上での”からみ”もあり、毎ステージが新しいチャレンジであった。
「カヴァレリア・ルスティカーナ」では、裏歌と教会前での

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA