今朝の朝日新聞の紙面は朝青竜引退記事が満載。大相撲ファンの小生にとっても大きなニュースだ。29歳での引退は過酷な大相撲の世界とは言え早い。不祥事での実質解雇で仕方ないが...
 現役では魁皇が一番好きな関取であるが、決して大きくない体格でありながら、技と力を備えた朝青竜は嫌いではなかった。判官贔屓の小生なので、朝青竜が格下に負けるのを見るのは楽しみではあったが。
 当社の社員の平均年齢は約30歳で、ほぼ同年代の若者が多くいるのだが、これから色々学んでドンドン成長し、会社の中軸となるのを期待されている。若さゆえの失敗も時にはあるとしても、私事で他人に危害を加えるというようなことは起きたことはない。以前勤めていた会社でも非常に稀であったと思っている。どうして朝青竜は?
 大相撲力士が、酔った挙句であれ、一般人に怪我させるということはプロとして失格であると思う。朝青竜本人の責任がもっとも重いにしても、日本の文化を学んでいないモンゴルの少年を高校卒から面倒を見てきた親方および協会幹部の責任は限りなく大きいと考える。部屋住み時代に、相撲取りとしてという前に、社会人としての生き方を学ばせることができなかったのはなぜか、今後に向けて考え、取り組んで欲しい、大相撲をこれからもずーっと楽しみたいので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA