大径CFRP製フライホイールの記事に関するちょっとした疑問

こんにちは。先ほど小学校低学年くらいの男の子たちが前を歩いていて、はやりの芸人のリズムネタを大きな声で歌っていました。そのなかでも、バンビーノの「ダンソン!」のリズムに乗せて、

「ギュウニュウ!ウーマイッ!」

と歌っていたのには思わず吹き出してしまいました。

さて今日は、「大径CFRP製フライホイールの記事に関するちょっとした疑問」というお話です。


またまたニュースの話題から。
世界最大級の超電導フライホイール蓄電システム 実証機が完成、テスト開始(環境ビジネスオンライン)
http://www.kankyo-business.jp/news/010324.php

直径2mのCFRP製フライホイールですか、大きいですね!円盤というよりはむしろ円筒のような・・・。クボテック社のニュースリリースによると、質量は回転軸を含まずして約3トンもあるそうです。軽いが売りのCFRPがトン単位で使われているなんて驚きです。

ところで気になるのが、記事に書かれている

「炭素繊維の織り方を工夫することで高強度、高信頼性を実現し、直径2mの大径化に成功した。」

という点です。

織り方?

織っているのでしょうか。巻いているように見えるのは私だけでしょうか。この成形品、繊維を巻きつけて作るフィラメントワインディングかと思ったのですが、違うのでしょうか。

余談ですが、フィラメントワインディングの成形品を見るとバームクーヘンが食べたくなります。私だけでしょうか。


CFRP製品にご興味・ご関心のある方、ぜひ一度弊社へお問い合わせ下さい。


炭素繊維強化プラスチックを材料設計から一貫した製品作り
CFRP 加工」のエーシーエム

CFRP歯車について考える

こんにちは。しばらく会社を離れていたので、会社の電話を扱うのも何だかぎこちないのですが、とある取引先の方へ久々に電話をしたら、「おかえりなさい」と言ってもらえて嬉しかったです。

さて今日は、「CFRP歯車について考える」というお話です。


たまにはニュースの話題から。
炭素繊維で歯車軽量化 岐阜大教授と恵那の企業が開発(岐阜新聞)
http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20150418/201504180945_24747.shtml

歯車をCFRP化したい、というお話はよくあって、その場合は
1. 型に樹脂と短繊維を混ぜて成形
2. 積層板から機械加工
というのが考えられます。

1は成形が上手く出来れば、後加工の心配をせず量産可能といえますが、型をどう作るかが問題となるのに加え、短繊維のCFRPとなるために、樹脂のみの歯車よりは強度が改善されますが、長繊維を使った金属並みの強度を得ることは難しいです。また、短繊維がきちんと分散していないと部品の強度に偏りが生じますし、量産時の品質も安定しないことになります。

2は積層板にすることで、長繊維を使えるため高い強度を得られますが、その高強度を得られるのは繊維が入っている方向のみになりますので、部分的には強度の低い箇所も存在します。型が不要なので試作はしやすいと思いきや、問題は歯車の歯の部分をどう加工するか・・・難削材のCFRPを高精度で歯切りをするには優れた刃物を用意しなければいけませんし、高い加工技術も要求されます。

というわけで、歯車のCFRP化はハードルが高いのですが、このニュースでは歯面を炭素繊維の帯で補強しており、先に挙げた1でも2でもないアイデアで大変興味深いです。帯を引っ張りながら樹脂と同時成形するのはかなり難易度が高いように思います。この成形品の物性が、樹脂品と比べてどこまで改善されたのかぜひ知りたいです。

CFRP製品にご興味・ご関心のある方、ぜひ一度弊社へお問い合わせ下さい。


炭素繊維強化プラスチックを材料設計から一貫した製品作り
CFRP 加工」のエーシーエム

CFRPけん玉

こんにちは。窓の外が暗くなり、雨が降ってきました。これから本格的にひどくなるのでしょうか。

さて今日は「CFRPけん玉」というお話です。


前回の記事でご紹介した展示品の数々、どれも面白いのですが、なかでも思わず手に取ってしまうのがこれ。


CFRPけん玉!

玉の成形や剣のテーパ加工など、難易度の高い加工技術に挑戦しています。どこかの展示会で見かけたら、ぜひ触って遊んでくださいね。


CFRP製品にご興味・ご関心のある方、ぜひ一度弊社へお問い合わせ下さい。


炭素繊維強化プラスチックを材料設計から一貫した製品作り
CFRP 加工」のエーシーエム

CFRPマリンバ

こんにちは。今日の横浜は天気も良く暖かい日でした。

さて今日は、「CFRPマリンバ」というお話です。


昨日、弊社のスタッフブログが更新されていないのを嘆いたところ、源さんのブログが更新されました。先日東京ビッグサイトにて行われた「高機能プラスチック展」の様子が写真で掲載されています。

ACMは年に数回ほど展示会に出展するのですが、近年は展示会の度に新しい展示品を出そうと、社員一同一生懸命頑張っております。初めてブースに来られる方はもちろん、いつも来てくださる常連の方が少しでもCFRPに興味を持ってもらえることを願い、アイデアを形にしたらこうなりました。


CFRP祭り!

なかでも、源さんのブログに登場したものはこちら。


CFRP製マリンバです。弾性率の異なる炭素繊維を使用することで、幅も厚みも長さも同じ板から異なる音が出るというACMのオリジナル作品です。

PAN系だけでなく、ピッチ系も使用して幅広い音階を作っています。


ちゃんと半音もあります!


ACMから「キーン、コーン♪」と鳴り響くマリンバの音色が聴こえたら、それは幽霊ではありませんのであしからず!

余談)
木で出来た鍵盤打楽器は木琴、金属で出来た鍵盤打楽器は鉄琴(鉄で出来ていない打楽器もありますが!)、ではCFRPで出来た鍵盤打楽器はCFRP琴と呼ぶのでしょうか?マリンバといえば木琴なのだからCFRPマリンバという呼び方はおかしいような気もするのですが、某楽器メーカーによると、ローズウッドの代わりとしてFRP製のマリンバもあるそうなので、やはりCFRPマリンバで良いのかもしれません。今度源さんに聞いてみようと思います。


CFRP製品にご興味・ご関心のある方、ぜひ一度弊社へお問い合わせ下さい。


炭素繊維強化プラスチックを材料設計から一貫した製品作り
CFRP 加工」のエーシーエム

N+出展準備中

こんにちは。昨日今日とずいぶん涼しい日が続いています。まだ8月ですが、早くも長袖の出番です。

さて今日は、「N+出展準備中」というお話です。


何かを作っています。


何かを作っているのです。


というのも、ACMは9月17日から19日に東京ビッグサイトで行われる「N+(エヌプラス)」に出展するため、展示品を準備しているところです。毎度ビッグサイトでの展示会では新たな展示物を製作しているACMですが、今回も各事業開発部員が様々なテーマで展示物を用意する予定です。

展示会まであと約3週間・・・果たして間に合うかな!?


CFRP製品にご興味・ご関心のある方、ぜひ一度弊社へお問い合わせ下さい。


炭素繊維強化プラスチックを材料設計から一貫した製品作り
CFRP 加工」のエーシーエム

新聞記事掲載のお知らせ

こんにちは。日に日に寒くなり、工場ではとうとうストーブが活動し始めました。

さて今日は、「新聞記事掲載のお知らせ」というお話です。


先月の31日に、愛媛県松山市で「経営者のための炭素繊維セミナー」が開かれました。弊社事業開発部長の石川も講師を務め、その様子が愛媛新聞に掲載されましたので、以下のリンクよりご覧いただけます。

炭素繊維産業参入に助言 (2013.11.01 愛媛新聞)


CFRP製品にご興味・ご関心のある方、ぜひ一度弊社へお問い合わせ下さい。


炭素繊維強化プラスチックを材料設計から一貫した製品作り
CFRP 加工」のエーシーエム

高圧洗浄機の記事が掲載されました

こんにちは。最近てんてこまいです。来週は水曜から先端材料技術展が始まりますので、今日も準備に追われております。

さて今日は、「高圧洗浄機の記事が掲載されました」というお話です。


先日の日刊工業新聞にACMの記事が掲載されました。今回は建造物の汚れを落とす高圧洗浄機に関する話題です。詳しくは以下のリンクよりご覧下さい。

「汚泥水発生せず 高圧洗浄機、蒸気を利用」(13.10.30 日刊工業新聞)


CFRP製品にご興味・ご関心のある方、ぜひ一度弊社へお問い合わせ下さい。


炭素繊維強化プラスチックを材料設計から一貫した製品作り
CFRP 加工」のエーシーエム

「全動説 Meoncentric Theory」展に行きました

こんにちは。遅くなりましたが展示のご報告です。

というわけで今日は、『「全動説 Meoncentric Theory」展に行きました』というお話です。


先日お伝えした通り、グッチ新宿店ではREBIRTH PROJECT(リバース・プロジェクト)による「全動説 Meoncentric Theory」展が開催されておりました。ACMはその展示物を構成するCFRPロッドの協力をさせてもらいましたので、これはぜひとも見に行かなくては!ということで普段行く機会のない高級ブランド店をのぞいてまいりました。


浮遊しているかのような8の字型のチューブを形作るために軽量・高強度なCFRPが利用されています。そのチューブには、丸く切り取られたグッチの印刷物がたくさんつけられていました。


チューブの中を光源が動くので、影が複雑に変化してとても幻想的でした。無事、形になってよかったです。これからも、クリエイターの皆様が持つ、既存材料では表現し切れない想像力を形にするお手伝いが出来ればと思います。


CFRP製品にご興味・ご関心のある方、ぜひ一度弊社へお問い合わせ下さい。


炭素繊維強化プラスチックを材料設計から一貫した製品作り
CFRP 加工」のエーシーエム

N+に出展しました

こんにちは。バタバタしていたらもうあっという間に10月!ずいぶん涼しくなってまいりました。先日足柄SAに立ち寄ったら、ガリタ食堂が出来ていました。残念ながら食べる時間はありませんでしたが・・・。そうそう、お店には三ちゃんもいましたよ(写真奥にいる店員さんがそうです)!


さて今日は、「N+に出展しました」というお話です。


ずいぶん遅くなってしまいましたが、先週は東京ビッグサイトにてN+(エヌプラス)に出展しておりました。会期中はたくさんの方にお越しいただきましてありがとうございます。


次回は11/6(水)~8(金)に同じく東京ビッグサイトにて先端材料技術展へ出展いたします。国際ロボット展と同時開催になりますので、ご興味・ご関心のある方はぜひ弊社ブース(ブース番号:SA-01)へお立ち寄り下さい。


CFRP製品にご興味・ご関心のある方、ぜひ一度弊社へお問い合わせ下さい。


炭素繊維強化プラスチックを材料設計から一貫した製品作り
CFRP 加工」のエーシーエム

今後のACMの予定

こんにちは。毎日ACMにはたくさんのお問い合わせが来るのですが、特に昨日はとても偶然なお引き合いがあり、人生って不思議だなぁと思いました。いわゆる縁というものが、人と人とをつないで、日常をより豊かに面白く演出しているようです。

さて今日は、「今後のACMの予定」というお話です。


このブログは日々花壇の話やおでかけの話など、しょうもない話題ばかりなので、たまには真面目に会社の話題を・・・ということで今後のACMの予定をお知らせします。

1.展示会のお知らせ
2013年9月25~27日 N+(エヌプラス)@東京ビッグサイト 東ホール
2013年11月6~8日 先端材料技術展@東京ビッグサイト 東ホール

来週はとうとうN+(エヌプラス)が始まります!あっと言わせる展示物や、思わず欲しくなるおまけもあるかも・・・!?お時間ありましたらぜひお立ち寄り下さい。

2.テレビ放映のお知らせ
2013年9月30日17時~ BS12 「ライジングカンパニー300」 

先日このブログ(詳しくは「CFRP製作の様子を撮影しました」の回を参照)でもご紹介した撮影の件、実はこのためでした。CFRPが出来るまでを追った撮影にはACMの社員が多数出演しております。私もチラッと登場するかもしれません・・・どうぞお楽しみに!


CFRP製品にご興味・ご関心のある方、ぜひ一度弊社へお問い合わせ下さい。


炭素繊維強化プラスチックを材料設計から一貫した製品作り
CFRP 加工」のエーシーエム

PAGETOP
©ACM Inc. All rights reserved.