ごぶさたしております。ずいぶんブログを更新していませんでしたが、久々ということで特別に貴重なサンプルをご紹介したいと思います。

というわけで今日は、「いろいろなハニカム」というお話です。


先日、昭和飛行機工業株式会社様にお願いしていたあるものが届きました。


実はこれ、伸展前のハニカムです。


アルミハニカムとペーパーハニカムの2種を送っていただいたのですが、厚みやセルサイズも様々で、なかには七夕の飾りを連想させるものも・・・。


ちなみにこれらは私が手で伸展させたものなので、セルが整っていませんが、きちんと伸展させれば皆さんご存知の六角ハニカムになります。

ところで、ハニカムの中にはこんなものもありました。(こちらも私が手で伸展させていますので、セルが揃っておらず申し訳ありません。)


これは、「フレキシブルハニカム」というもので、曲面への優れた成形性を持つそうです。ハニカムというと、六角形のセルで平面板を作るというイメージしかなかったのですが、このハニカムは確かにほどよくしなって、曲面形状の多い航空宇宙分野や自動車関係に採用されているのも納得です。

ACMでは主にアルミハニカムとCFRP板でサンドイッチパネルを作ります。ACMの会議室にあるテーブルもアルミハニカムで出来ていますので、軽いのに人が乗ってもほとんどたわみません。まさに軽量・高剛性を体感できます。

ハニカムに関する詳しい情報は、昭和飛行機工業株式会社様ホームページ内の製品案内より
ハニカム素材
をご覧下さい。

昭和飛行機工業様、サンプルおよび掲載へのご協力ありがとうございました!


CFRP製品にご興味・ご関心のある方、ぜひ一度弊社へお問い合わせ下さい。


炭素繊維強化プラスチックを材料設計から一貫した製品作り
CFRP 加工」のエーシーエム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA