こんにちは。関東近郊の方は、本日の地震に驚かれた方も少なくないのではないでしょうか。ACMの事務所の今にも倒れそうな本棚、何とかしなきゃな・・・。

というわけで今日は、「この揺れは誰のせい?」というお話です。


今日はお昼前に比較的大きな地震がありました。地面から突き上げるようにどどーんとした縦揺れ、そのあと大きな横揺れとなり、一同「これはもしや・・・!」と東日本大震災の記憶がよみがえってきました。幸いすぐに揺れも収まり、大事には至りませんでしたが、久々にひやっとしました。震度3とのことですが、もっと揺れていたように感じました。

ところで、その地震のあとに社員は口々に言いました。
「成形課が何か床に落としたのかと思った!」

そう、成形課の社員が重いものを床に落とすと、ACMの社屋は結構揺れるのです。

弊社の成形課は3Fなのですが、そこで運ぶのはプリプレグや型など数十キロを超える重量品が多いため、運搬中に「どどーん!」という音と震動が頻繁に伝わってきます。ACM社員はそれに慣れているため、建物が揺れるたびに、

「あ、また成形課?」

と思うわけです。成形課の社員からは「今日のは俺たちじゃねーぞ!」という声が聞こえてきそう・・・。


CFRP製品にご興味・ご関心のある方、ぜひ一度弊社へお問い合わせ下さい。


炭素繊維強化プラスチックを材料設計から一貫した製品作り
CFRP 加工」のエーシーエム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA