こんにちは。空気が乾燥していて肌がピリピリしています・・・。

さて今日は、「ゲージの英語表記について考える」です。


ふと通りがかったときに目に入ったハイトゲージ(高さを測定する道具)の段ボール箱。


どうもスペルに違和感を感じました。

・・・あれ、GAGEじゃなくてGAUGEじゃなかったっけ?

いろいろ調べてみると、GAUGEはイギリス英語だとか、いやイギリス英語というわけではなくて単純につづりが違うだけだとか、どちらの単語も全く同じに使えるとか、公式な場ではどちらかというとGAUGEだとか、ネイティブの間でも意見が割れているようです。

個人的にはGAUGEが見慣れていたので、GAGEよりもしっくり来る気がします。 みなさんはいかがでしょうか。


CFRP製品にご興味・ご関心のある方、ぜひ一度弊社へお問い合わせ下さい。


炭素繊維強化プラスチックを材料設計から一貫した製品作り
CFRP 加工」のエーシーエム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA