こんにちは。毎日書くことを見つけるのはなかなか難しいので、またフランスの記憶を掘り出して、皆様にご紹介することにします。

というわけで今日は、「フランス出張その15 自己強化プラスチック」というお話です。


JEC Europe 2012にて、ドイツのPropex社は自己強化されたプラスチックを展示していました。CFRPの場合は、母材がプラスチック、強化材が炭素繊維ですが、自己強化プラスチックの場合は、母材がプラスチック、強化材も同素材のプラスチックとなります。文章で書くとイメージが沸きづらいですが、つまりはこんな素材です。


ご覧のように、軽くて強いスーツケースなどに使われています。人間が上に乗ってもこの通り、変形しますが壊れません。

この素材は熱可塑性プラスチックを使っており、母材・強化材共に同素材なことから、100%リサイクル可能と言われています。繊維と樹脂の分別も難しい熱硬化性CFRPからすると、何とも羨ましい限りです。

私が特に気に入っているのは、この素材を紹介した冊子です。


自己強化プラスチックと思われる表紙をめくると、こんな言葉が飛び込んできます。


なんとも、創作意欲を掻き立てる言葉!

そのほかにも、素材に対する無限の可能性を示唆しながら、最後は「あなたなら何を作る?」で締めくくられるこの冊子。おしゃれなだけでなく、内容もわかりやすく、かつ使ってみたいと思わせるところが、素材紹介のお手本と感じました。弊社の会社案内もそろそろ新しくしなきゃなぁ・・・。


CFRP製品にご興味・ご関心のある方、ぜひ一度弊社へお問い合わせ下さい。


炭素繊維強化プラスチックを材料設計から一貫した製品作り
CFRP 加工」のエーシーエム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA