こんにちは。しばらくブログをさぼってしまい反省しております。師走とあって、弊社も何かと忙しい日々が続いています。

さて今日は、「ブラックカーボン」というお話です。


お客様の中にはCFRPのことを単にカーボンと呼ぶ方も多いのが現状です。もちろんCFRPを意図していることはわかっていますが、やはり炭素繊維業界に携わる者としては、「カーボン」という名を聞くと、元素名である「炭素」を想像してしまいます。「カーボン製品について」の回でもお話しましたが、カーボンの複合材料はCFRP以外にも種類がある、という事実も合わせて考えると、やはり「カーボン」という単語は製品を呼ぶのに適していないように思います。

さて、みなさんは「ブラックカーボン」と聞いたらどんなカーボンを思い浮かべますか?NASAの「Image of the Day Gallery」ではこんな写真が紹介されています。
NASA – The Dark Side of Carbon

ブラックカーボン、つまり黒色炭素(いわゆる「すす」)は地球温暖化の原因となっている物質です。

カーボン、カーボンとCFRPを呼んでいるとつい忘れがちですが、「カーボン」はあくまでも元素の名前です。炭、黒鉛、CFRP、C/Cコンポジットなどなど、カーボンを利用した素材にも様々な種類があるので、ご注意下さい。



CFRP製品にご興味・ご関心のある方、ぜひ一度弊社へお問い合わせ下さい。


炭素繊維強化プラスチックを材料設計から一貫した製品作り
CFRP 加工」のエーシーエム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA