こんにちは。雨が降ると随分寒くなりますね。

さて今日は、「プリプレグを使わない方法」というお話です。


炭素繊維に樹脂を含ませ半硬化させたものをプリプレグと呼ぶのは、もう既に皆さんご存知かと思います(「プリプレグの製品形態について」を参照)。弊社では製品を作る際それを主に使用していますが、昨日は工場からこんな素材をもらってきました。



実は、樹脂を含んでいない炭素繊維だけの織り物です。写真ではわかりづらいかと思いますが、プリプレグは若干の粘着力があるのに対し、この織り物は樹脂を含んでいないため、サラサラしています。

この素材が登場するのは、いわゆる「ハンドレイアップ法」の際です。型に乗せた炭素繊維に樹脂をハケなどでしみ込ませ硬化させることで、CFRPが出来上がります。

弊社では主にプリプレグを使った成形を行いますが、場合によってはこのハンドレイアップ法を行うこともあります。



CFRP製品にご興味・ご関心のある方、ぜひ一度弊社へお問い合わせ下さい。


炭素繊維強化プラスチックを材料設計から一貫した製品作り
CFRP 加工」のエーシーエム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA