ごぶさたしております。最近の記事は登山に花壇に自然の話ばっかり・・・!CFRPの話が全然ないじゃないかとお怒りの方がいたらごめんなさい。何はともあれ、話にこだわるよりも、まずはこまめな更新を第一目標にしようと思い直した次第です。

さて今日は「初期不良なし」というお話です。


本日はお取引先の方々との会議がありました。一緒に開発をし、苦労しながらようやく量産へたどり着いた製品に、今のところ初期不良はないそうです。これはとても嬉しいお言葉でした。

CFRPは一般の設計者にとってまだまだ身近でない材料といえます。「使ってみたいけど、どんなものかよくわからないから手が出せない」というのが本音ではないでしょうか。その理解に乏しい材料を使って新規製品を開発、そして量産ともなると大変な労力が必要です。このお取引先の方々は、CFRPの良さを積極的に取り入れ、大変熱心にご検討下さいました。その結果、新規製品にありがちなトラブルもなく、まずは一安心です。

製品不良はなくて当たり前・・・ですが、実際はそう簡単にいきません。人、材料、環境のほんの小さな変化が品質に影響を与えることがあります。特に弊社は手作業の工程も多く、材料を作る段階(成形)から組立まで、人間という不安定な生き物が量産という安定した作業をこなすために、何をすべきで何をすべきでないかを抽出し、引き続き社員一丸となって協力していく必要性を強く感じました。


CFRP製品にご興味・ご関心のある方、ぜひ一度弊社へお問い合わせ下さい。


炭素繊維強化プラスチックを材料設計から一貫した製品作り
CFRP 加工」のエーシーエム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA