こんにちは。ブログを毎日更新するって本当に難しい、ということをつくづく実感しております。そろそろこのブログの定番というか奥の手というか、弊社の花壇の近況報告ばかりにならぬよう注意したいと思います。

さて今日は、「国が製造業をアピールするとき」というお話です。


フランス出張の話をお休みして、たまには気になるニュースを引用したいと思います。

Amber Composites selected for British exhibit on manufacturing excellence (Composites World)

イギリスのAmber Composites社が、ロンドンオリンピック期間中に開催される産業展示会に選出されたそうです。イギリスの行政機関のひとつであるビジネス・イノベーション・職業技能省によって昨年立ち上がった「Make it in Great Britain」キャンペーンとして、この展示会が行われるようです。

なかでも個人的に興味深いと思ったのが、オリンピックのために新しいものを計画することで国の産業をアピールするのとは別に、同省の大臣が言うように「製造業に対する古い認識を改めてもらい、イギリスの現在の姿をみんなに知ってほしい」という意図でこれが成り立っていることです。日本も万博が開催される際は産業のアピールに力を入れていますが、イギリスはスポーツの祭典までを産業アピールの場と考え、一見スポーツに何ら関係ない製造業のイベントを開催してしまう(←開催場所がロンドンの観光名所のひとつである科学博物館というのもうまい)・・・さすが国力のアピール上手。しかも組立製品を販売するメーカーだけでなく、素材メーカーも選出することで、「素材から最終組立までイギリスにお任せあれ!」と、国としてビジネスをとっていこうという気概を感じます。

日本も、世界中の人々が日本へ集まる機会、たとえば日韓ワールドカップの際に、行政機関が製造業に関する発信を行っていたのでしょうか。残念ながら私は知らずに過ごしてしまったようですが・・・日本の優秀なものづくりも、国が先頭に立ってもっともっと世界にアピールしていただきたいものです。


CFRP製品にご興味・ご関心のある方、ぜひ一度弊社へお問い合わせ下さい。


炭素繊維強化プラスチックを材料設計から一貫した製品作り
CFRP 加工」のエーシーエム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA