こんにちは。またCFRPが出てこない話で恐縮ですが、ちょっとした事件があったので更新です。

というわけで今日は、「日本の郵便局ってすごい!」というお話です。


先日、昼頃に近所の郵便局で出した荷物を、諸事情により一旦取り戻す必要が出てきたので、午後になって郵便局に問い合わせたところ、既に集荷されてしまい別の局へ向かっているとのことでした。

え、まだ出してから2時間程度しか経っていないのに!?

あわてて普通乗用車でその集配局へ向かったのですが、駐車場が大渋滞・・・やっと空いたと思ったら一番角にある軽乗用車用のスペースへ中途半端に入ってしまい、初心者マークの私はどう戻っていいのかわからない状態であたふたしていたら、それを見かねた方が、

「お姉さーん、そこ入れたら出られなくなっちゃうわよ。」

と声をかけてくださったので、思わず

「ど、どうしたらいいんでしょうか!?」

と情けない顔で助け舟を求めました。そんなダメドライバーにも関わらず、その親切な方は

「今この車出すから、そしたらここに入れればいいわよ。」

と素晴らしい応対で、見事私を駐車場地獄から救ってくださいました。ありがとうございます。


駐車場の大渋滞と駐車ミスで、時間を数十分ロスしてしまい、更に郵便の窓口に並ぶこと約15分、ようやく荷物を取り戻せるかと思ったら、

「荷物の問い合わせは窓口があちらになります。」

と言われ、並び損・・・。郵便局内で随分時間を使ってしまいましたが、ようやく正しい窓口で荷物の確認をしてもらったところ、

「先ほどトラックで別の局へ出発いたしました。」

えーーー、もう!?まだ出してから数時間なのに!?

郵便局に辿り着いてからの様々なロスが悔やまれますが、とりあえず荷物を追いかけていただけることになったので、取り戻し手続きをしてその日は終了。荷物ってどんどん運ばれていくのですね、そりゃネットで注文したものが次の日手元に届くのも納得です。

その後も郵便局から「荷物は今○○局にあって、○日に希望の郵便局に戻すのは難しいから、急いでいるなら引き取りに来た方が早い」とご連絡もいただき、つくづく日本の郵便局は優秀だなぁと感心しました。これが海外なら、私の経験上、荷物が今どこにあるかもまともに調べてもらえず、たらい回しにされて終わる可能性が高いのです。ただ、海外ならばそもそも荷物を出して数時間ならまだその局から荷物が動いていなくて、すぐに引き取れたのかもしれませんが・・・そういう意味では日本の郵便局の集荷システムが良過ぎたために今回の事件(?)が起きたともいえ、どちらがよかったのか難しいところです。

とにかく、今回学んだことは
1.地元の小さな郵便局でも、集荷は1日に複数回行われる場合がある
2.荷物はどんどん運ばれるので、取り戻し時は電話連絡で一刻も早く荷物を確保するのがベスト
(今回は電話がつながらず、結局手遅れになりました。)
3.荷物の引き受けはゆうゆう窓口へ
4.狭い駐車スペースには(入れる腕がないので)近づかない
5.困ったらしょうがないので助けを求める
です。駐車場の親切な方といい、郵便局のてきぱきとした方といい、人間力に助けられた半日でした。


CFRP製品にご興味・ご関心のある方、ぜひ一度弊社へお問い合わせ下さい。


炭素繊維強化プラスチックを材料設計から一貫した製品作り
CFRP 加工」のエーシーエム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA