こんにちは。今日も暑いですね。

さて今日は、「業界用語 アンコ編」というお話です。恐らく本ブログ始まって以来初の直筆イラストが登場しますよ。


どの業界にも一般の方が聞くとよくわからない用語があります。「アンコ」はその中のひとつといえるでしょう。

通常アンコといえば、たい焼きなどの中につまっている小豆のペーストを思い浮かべると思います。我々が使うアンコも、中に詰めるという点では似ていますが、残念ながら食べ物ではありません。

工場で使われる「アンコ」は、角パイプなどの空洞部に詰めるブロック状のもののことをさします。アンコを入れることで、薄肉のパイプでも必要な箇所にねじを切る事が出来て、とても便利です。スキンの薄いハニカム板にも同様に使われます。


たい焼きのアンコはぎっしり詰まっていると嬉しいですが、製品に使うアンコは詰め過ぎると重くなってしまうので、必要な箇所だけに詰めることが、軽量なCFRPの良さを生かすポイントです。


CFRP製品にご興味・ご関心のある方、ぜひ一度弊社へお問い合わせ下さい。


炭素繊維強化プラスチックを材料設計から一貫した製品作り
CFRP 加工」のエーシーエム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA