こんにちは。毎日ムシムシしていますね。昨日から虫の話ばかり書いているからってダジャレではありませんよ、念のため。

さて今日は、「バッタとカラーカーボン」というお話です。


昨日の記事で噂していたら・・・

今日はバッタがいました!


1cmに満たない小さなバッタでした。この方もやっぱりエダマメの葉がお気に入りのようです。

ところで先日、とある方とカラーカーボンの話になりました。CFRPといえば黒色が普通ですが、お客様から「色がついたのってないの?」と聞かれることもしばしばあります。これまでのカラーカーボンといえば、樹脂を染色したり、炭素繊維のかわりに染色したガラス繊維を混ぜて織り込むことで「色つきのCFRP」としていましたが、いつの間にか世の中は進んでいるもので、2014年には世界初のカラーカーボンのブランド「Hypetex」が誕生していました。

詳細は不明ですが、Hypetexは染色したガラス繊維などを混ぜておらず、したがって通常の黒いCFRPと同等の機械的性能を持っているそうです。すごいですね!黒い繊維をどういう仕組みで色つきにしているのか、とても気になります。

産業用途中心にCFRPを提供している我々としては、カラーカーボンを扱う機会はほとんどないと思いますが、ひょんなことから産業用ロボットが赤や青のカーボンを身に着け始めたりして・・・世の中何が起こるかわかりませんので否定は出来ません。


CFRP製品にご興味・ご関心のある方、ぜひ一度弊社へお問い合わせ下さい。


炭素繊維強化プラスチックを材料設計から一貫した製品作り
CFRP 加工」のエーシーエム

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA