こんにちは。たまにはCFRPに関するニュースをお届けします。

というわけで今日は、「CFRPが支える奇跡の一本松」というお話です。


シンボル喪失、思い交錯 陸前高田「奇跡の一本松」切断 (河北新報社)

昨日12日、岩手県陸前高田市の「奇跡の一本松」は、保存のための切断作業が行われました。東日本大震災の大津波に耐えた奇跡の木も、残念ながら枯死してしまったため、人工的な処理を施して再度もとの場所にモニュメントとして立てるそうです。

さて、実はこの保存にCFRPが関わっています。

「奇跡の一本松」の保存 (陸前高田市ホームページ)

幹の中心をくり抜いたのち、CFRPを入れることで自立出来るようにするそうです。心棒になるので表からCFRPは見えないと思いますが、もとの場所に戻ってきたら、自重だけでなく、みんなの思いを強くしっかりと支えながら、また「奇跡の一本松」として希望を与え続けてくれるでしょう。


CFRP製品にご興味・ご関心のある方、ぜひ一度弊社へお問い合わせ下さい。


炭素繊維強化プラスチックを材料設計から一貫した製品作り
CFRP 加工」のエーシーエム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA