ごぶさたしております。最近ブログに書くためのネタを弊社工場の方からいくつも提供してもらい、ためてあるのですが、なかなかまとめる時間がありません。読者の皆様には申し訳ありませんが、早くお届け出来るように努力しますので、これからもよろしくお願いします。

さて今日は、「CFRP板の反り」というお話です。


プリプレグの製品形態について」でもお話したように、CFRPは様々なプリプレグを積層して作ります。どんなプリプレグを積層するかを考えるのが積層設計ですが、その積層設計をする際に、注意しなければならないことがあります。次の写真をご覧下さい。


このCFRP板は平板を作るための型を使って成形したのですが、平らにならずに大きく反っています。なぜこれほどまでに反っているのでしょうか。ヒントは、表面にクロスのプリプレグ、裏面にUDのプリプレグを積層して成形しています。

実はプリプレグによって樹脂の硬化収縮率が異なるため、結果的に縮む力の大きい層に引っ張られ、板が反るのです。どの程度反るかは、糸の種類や織り方、樹脂の種類や量など様々な要因が関係するので、なかなか予想通りにはいきません。

ですから、製品の積層設計をする際は、層の中心から面対称にプリプレグを積層することで、反りを生まないようにしています。

将来的にはこの反りをうまくコントロール出来るようになって、新たな製品開発につながればいいなと思います。しかし、そのためにはまだまだ研究が必要なようです。


CFRP製品にご興味・ご関心のある方、ぜひ一度弊社へお問い合わせ下さい。


炭素繊維強化プラスチックを材料設計から一貫した製品作り
CFRP 加工」のエーシーエム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA