遂にYouTubeでACMのチャンネルが出来ました。

 

というのも、源さんから

「先日フランスでプレゼンした動画をアップしてほしい」

という依頼が来たからです。

(詳細は、「パリで”CFRPhone”演奏しました!」をご覧下さい。源さんのブログ、久々の更新ですね!)

 

そんなわけで、そのときの映像がこちらです。

 

この楽器の一番のポイントは、

「音板の長さも厚みも同じなのに、音色が変わる」

ということです。

木琴や鉄琴は音が高くなるにつれて音板が短くなるのに、なぜCFRPhoneは長さが変わらないのか・・・?

 

理由は、

「音板の弾性率を変化させることで、板の寸法を変えずに固有振動数を変えている」

からです。

 

解説すると・・・長くなるので次回に持ち越します。

どうぞお楽しみに。

 

 

 

CFRP製品にご興味・ご関心のある方、ぜひ一度弊社へお問い合わせ下さい。

 

炭素繊維強化プラスチックを材料設計から一貫した製品作り
CFRP 加工」のエーシーエム

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA