先日飛行機に乗ったのですが、離陸前からどうも自分の席の真上の天井からギシギシと音がして、

「だ、大丈夫かなこの飛行機・・・。」

と不安になりました。

 

音から推測するに、内装材の部品が面と面でこすれるような感じだったので、運航には支障ないと信じていましたが、それでもやっぱり気になる!

構造材から音が出てたら本格的にまずいわけだし、もし構造材に異常があるなら優秀な整備士さんたちはそんなこと見逃すはずがないし・・・と自分に言い聞かせ、離陸のときはひたすら祈るばかりでした。

 

その後、飛行機は無事に陸を離れ、エンジンの騒音にギシギシ音はかき消されることで、機内はしばし何もなかったことになり(根本的には全く解決していませんが)、何事もなく羽田空港に着陸しました。

 

あれは結局何だったんでしょうか・・・気になる!その飛行機は今もギシギシ言いながら飛んでいるのでしょうか・・・もっと気になる!いくら飛べてもいきなり天井落ちてきたりしたら嫌だなぁ・・・と思ったフライトでした。

DSC_0777s

 

 


CFRP製品にご興味・ご関心のある方、ぜひ一度弊社へお問い合わせ下さい。

 

炭素繊維強化プラスチックを材料設計から一貫した製品作り
CFRP 加工」のエーシーエム

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA