以前バルンくんに関する記事(詳しくは「バルンくんのモデルに偶然遭遇」を参照)を書いたら、「バルンくん 車種」でお訪ねの方が意外と多く、バルンくん人気を改めて感じました。

 

せっかくなので今日は、CFRPとは無関係にこの記事にたまたま辿り着いた絵本が好きな方(もしくはそのお子様)のために、私がこれまでにはまったいくつかの絵本を紹介します。

 

題して、

「乗り物が好きな0~2歳頃のお子様へおすすめ!絵本ランキング」!!

 

1.ショベルカーがやってきた!(作:スーザン・ステゴール 出版社:ほるぷ出版)

ダイナミックな構図でいきいきとはたらく工事車両と風景が、なんとコラージュで表現されています。

しかも、コラージュの材料はダンボールや郵便物など身近にある材料なので、何が使われているか見つけるのも楽しいです。

自由なフォントの配置も気に入っています。

 

2.でんしゃ(作:バイロン・バートン 出版社:金の星社)

ハッキリとした色使いにシンプルな文章ですが、何度も読んでしまいます。

よく見ると前のページと次のページがうまくつながっていて面白いです。

メインの電車だけでなく、人や周囲のものもしっかり描かれていて想像が膨らみます。

バイロン・バートンの乗り物シリーズはどれもおすすめですが、やっぱり一押しは「でんしゃ」かな、と。

 

3.どどどどど(作:五味太郎 出版社:偕成社)

ブルドーザが出てくる絵本です。

ブルドーザの動く音が、実は音階とリンクしているところがミソです。

オチも言葉遊びになっていて最高です。

絵と言葉と音楽が遊び心にあふれていて、シンプルなのにまた読みたくなります。

 

以上、独断ではありますが参考になれば幸いです。

 

 


CFRP製品にご興味・ご関心のある方、ぜひ一度弊社へお問い合わせ下さい。

 

炭素繊維強化プラスチックを材料設計から一貫した製品作り
CFRP 加工」のエーシーエム

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA